業者選びに役に立つ法律・士業に関連した業者をご紹介します。

士業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

法律・士業を扱う業者選びのコツは、自分が依頼する仕事内容についての、十分な取扱実績があるのかを確認することです。
いくら評判の良い弁護士でも、それぞれ得意な分野もあればそうでない分野もあります。
医者とは違い、弁護士には専門認定制度はなくて、現在では広告などで明確に専門分野や得意分野も表示できなくなっているので、弁護士事務所に仕事を依頼する場合は、自分からそれぞれの事務所の実績を確認することをおすすめします。
ただし、それぞれの弁護士事務所のホームページ上に、主な業務分野や関心のある分野という形で得意分野をアピールしているケースもありますので、それを参考にする方法もあります。
また、最近では無料相談にも応じている事務所も増えているので、有効活用してください。
当サイトでは、独自の視点で「法律・士業 厳選おすすめ5社」を掲載していますので、是非、参考にしてください。

法律・士業 厳選おすすめ5社

司法書士安西綜合事務所

戸塚区、泉区、栄区で相続手続きが必要な方は、司法書士安西綜合事務所にお任せください。
お身内が亡くなり、急に相続問題に直面してお困りの方もたくさんいらっしゃると思います。
故人様に財産がある場合は相続税の支払い義務が発生するケースもあって、その場合は決められた期間内に相続手続きを行わなければいけません。
私たちをご利用いただいたお客様のために、相続税の有無をしっかり調査して、皆様に代わって相続手続きをいたします。
もちろんその他にも相続に関して分からないことや、お悩みがありましたら何なりとお伝えください。
法律の専門家である司法書士が、しっかりお話をお聞きして、適切なアドバイスと具体的な対応をさせていただきます。
司法書士以外にも土地家屋調査士の資格も所有していることから、不動産の名義変更手続きまでフルサポートさせていただきますので、どうぞ安心して当事務所をご利用ください。
当事務所にご用がある方は、どうぞお気軽にお電話、もしくは当ホームページ上にあるお問合せフォームよりご連絡ください。
相談には無料で応じており、気になる料金など疑問や不安などにも、丁寧にお答えいたします。

横浜SIA法律事務所

借金で苦しみ、自己破産をお考えの方もたくさんおられることだと思います。
横浜SIA法律事務所では、全ての借金問題に対して無料で相談に乗っております。
債務整理には、任意整理、個人再生などの方法もありますが、自己破産は唯一全ての借金を0にすることができます。
任意整理と異なるのは、弁護士が間に入るだけではなく、裁判所に申し立てをする必要があるということですが、借金を免責する手続きで裁判所に認められると、これまで苦しんでいた返済に追われることもなくなります。
自己破産に関して間違ったイメージを抱いている方もたくさんいるようですが、ほとんどの場合、周りに知られることもなく、会社を辞めされることもありません。
不動産を所有している方は、それを失うことになりますが、債務所の生活に欠かすことができないものは、債権者の配当に回されることはありません。
気になる弁護士費用に関しては、分割払いや民事法律扶助などの利用なども可能となっております。
当事務所では直接弁護士が無料で借金問題に対応しており、皆様の状況をしっかり把握することにより、最善の方向へ導きます。
土日や夕方以降にも相談に応じておりますので、まずは横浜SIA法律事務所までお気軽にご相談ください。

coming soon

coming soon

coming soon

新着 FAQ

2020/05/12
借金の返済に時効が発生するのは本当ですか?
私は以前勤めていたアパレル会社を退職した後、自分のブランドを立ち上げました。専門学校で学んだパターンメイキング力や縫製のノウハウもあったため自分のデザインを自分で製図してサンプル作製し、アパレル時代に……続きを読む
2020/04/23
遺言書はどこに依頼すればいいの?
それほどの財産があるわけではありませんが、私の亡き父から受け継いだ不動産が自宅の他にもいくつかあって、他にも株などいろいろ投資しているものもあって、子供も4人いるので、そろそろ遺言書を作成しておいた方……続きを読む
2020/03/18
相続問題は弁護士に相談すべき?
父から家業を継いでから5年が経ち、ようやく父がいなくても一人前に仕事をこなせるようになって、これからはゆっくりしてもらおうとしている矢先に、父に癌がみつかりました。 現在抗がん剤治療を受けていますが、……続きを読む
2020/02/18
弁護士ではなく行政書士に依頼しても大丈夫?
交通事故を起こしてしまい、夫からは「あれだけ車の運転を反対したのに強引に免許をとって車まで購入したのだから、自分で何とかしろ」と言われてしまい、自業自得とは思いながら、事故の原因は相手側にあるのだから……続きを読む
2020/01/17
顧問税理と面談する際に必要なものとは?
昨年の頭に父から店を引き継ぎまして、今年はじめて自分で決算を行わなければいけないのですが、お陰様で売上も利益も大幅にアップしたことから、もう少し先になると思っていましたが、このタイミングで個人商店から……続きを読む
2019/12/18
会社設立は税理士と司法書士のどちらがいいの?
今の会社に入った時から独立を考えていて、ようやくそのタイミングがきたと納得できたので、自分の会社を起業することにして、約8年間勤めた会社を退職しました。 最近ヘッドハンティングに2回もあって、自分の能……続きを読む
2019/11/21
社労士を従業員として雇用するメリットは?
弊社は完全な零細企業で、これまでは10名以下で営業を続けてきたこともあって、財務も税理も社会保険などの手続きも、一切税理士さん任せにしてきました。 しかし、先日同業者から、顧問契約をしている社会保険労……続きを読む
2019/10/23
税理士探しが重要な理由とは?
大学を卒業してIT系のベンチャー企業に就職しましたが、入社当時は低すぎる賃金でもしかたないと思って、一生懸命会社のために働いて、自分の能力を最大限に活かして、利益を生むプログラムなども開発してきました……続きを読む
2019/09/18
失敗しない税理士選びのポイントとは?
一緒に会社を辞めて共同経営者として夢を追ってくれないか?と同期に誘われて、正直かなり悩みましたが、入社2年目からは常に営業でトップの成績を獲得していた彼の誘いを断れば、この先後悔する可能性の方が高いと……続きを読む
2019/08/20
長く付き合う税理士の選び方は?
もちろん帳簿はつけていましたが、起業してしばらくはほとんど売上があがらずその必要もなく、必死になって私も含めた社員全員で営業に力を入れると、今度は税理士を探している時間がないほど忙しくなってしまいまし……続きを読む
全て表示

PageTop